雪降る八月、花束を。

合言葉はいつでもWin-Win♡ファンブログにつき用法お守り下さい。禁止擅自转载我的画・文章的擅自转载也是禁止的。 All rights reserved.

メンズ校 2話 私的感想メモ

テレビ東京毎週水曜日0:12〜 ドラマホリック

「メンズ校」

について感じたもの思ったものの殴り書き記事です。

☆注意事項

公式制作元とは一切無関係の一個人の主観なので、異論や文句はお断り。本作を私が楽しむため以外の意図は御座いません。

実在の全てと切り離してお楽しみいただけますと幸いです。

なんらかの形でこのブログを見てしまっているいわゆるジャニヲタ以外の方へ。私はなにわ男子・関西ジャニーズJr.の長尾謙杜くんを主に、ジャニーズ事務所を贔屓にしている素人です。その点ご理解頂いた上で読んでいただけると助かります。

 

ドラマ メンズ校 公式サイトはこちら

https://www.tv-tokyo.co.jp/menskou/

原作は 和泉かねよし先生の「メンズ校」(小学館)。ですが、ドラマ版はオリジナルキャラクターや設定を加えたものになっています。

正式なあらすじは公式サイト、本編は各種配信サービスでご覧いただけます。

 

自分の世界を変えたくても、気持ちが振り切れない牧(道枝駿佑)は自分の脱獄計画に牧を取り込みたい野上(西畑大吾)と、その仲間の変わり者たちである神木(高橋恭平)、源田(藤原丈一郎)に囲われ、不本意だと呟くも、逃げきれず流され巻き込まれることになる。牧と野上の脱獄計画の話を開かずの間のドア越しに聞いていた人物がまた一人。引きこもり生徒の桃井(大西流星)は、その話に興味を持ち風呂場までつけて聞き耳をたてていた。

牧の他に野上御一行+流され牧が声を掛けたのは花井(長尾謙杜)。気弱な花井は大人数の圧に一度は後ずさる。野上に怒られた際に泣いていたのが演技と見抜かれていたことと、突然の協力依頼に少し動揺する花井。花井は何の話?と聞き返す。野上が説明している最中、間が悪く先輩寮生の藤木(大橋和也)が通りかかり悪巧みを疑われてしまう。花井が思い付いた咄嗟のアドリブで危機を乗り切り、神木と源田に褒められた花井は悪い気はしなかったようで。野上に攻略されちゃった様子笑 その様子も物陰からこっそり見ていた桃井。この子めちゃくちゃ5人のことが気になってます。

平穏破壊御一行()の襲来にびびって身構えかけたり、持っていたシーツに何故か半身包まって座ってる花井くん、すげー!と褒め落とされ照れる花井くんとここやたらかわいいです好きです。

各々の特技を生かし、脱獄計画を計画・実行する5人のそれは青春そのもの。頭脳派野上くんが乗船場までのルートを完璧に計画したものの、乗船は制服指定だったのをうっかり忘れて私服で来たことにより新たな課題が発生しますが、皆が力を合わせて乗り越えていきます。

結局この辺は見逃し配信の本編を見て欲しい。

 

個人の見せ場のバランスが均等で、一回目の脱獄計画の結末を描くとともに、これから個人回で見せる前にキャラクターが出揃った感。(1話から皆出てはいるけど)1話より喋って動いて、なキャラ紹介も兼ねた2話でした。

ブログの更新が遅れてしまったので、見逃し配信期間ギリギリに…汗 なんとか今日の3話には間に合って良かったよ〜。

 

で!私も先週3話の予告で荒ぶり倒したわけですが、一見1話でいじめられていた花井くんを助け、2話で居場所を得た展開だったのに3話予告で半ベソで「みんなにだけは嫌われたくなかった」と言って牧くんに「お前が嫌え」って言われてるんです。これはどういうことかなぁ!メンズ校の予告の切り方わくわくして好き。噂によると花井回なんですね…。公式Twitterさんのクマちゃんはいったい誰の…?♡

 

1話の感想にも書いた気がするが、牧くんと花井くんは基本事なかれ主義で似ている。でも本音というか根っこの気持ちと自分の中の最適解が真逆なのか、牧くんは1話、自分の意思で花井くんを助けたのに、花井くんと自分の成績と才能を比べ花井くんを「才能人で変わり者」に括って自分と一線を引いてしまうわけだ。自分より優れているものに警戒するのは生物の本能上仕方がないのだ。ただ悩んだ挙句、得体の知れないモノだろうがルールだろうが自分や誰かの不安や理不尽を後先考える前に蹴り倒してくれるのが、牧くんの強いところで才能なんだけどな。回想のエリカは牧くんの神で潜在意識とみた(詳細は牧回に書くので今は保留)。牧くんはみんなのヒーロー。

 

花井くんも花井くんで求められることで自分の存在価値を見出すような不安定さがあるようで、2話の限りでは褒められ好きで乗せられやすい印象。きっと1話で花井くんを虐めていた先輩達も最初はこんな感じで取り入ったのかとさえ思う。居場所を得たり褒められると結構調子に乗るので、口を滑らせて意図せず人を傷つけてやり返されたり、上手くできなくなると気分が落ち込み不注意が増え、周りが苛立つ気配を感じて萎縮していく。これが周りに演技が上手いとバレていれば尚更疑われるのでやりづらくなる。みたいな。

(なんで語れるかといえば、ある程度心当たりがあるからです)

花井くんは自分の『秘密』を守るために、わざと嫌われたり興味を持たれないように動いていた可能性も否めない。認められないなら、見せなければ良いみたいな。隠す側も隠される側も場合によっては思うことあるけどそれでもと。

 

だらだら書いたものの、見当違いでもっとコミカルなシーンの切り取りで、牧くん花井くんの台詞の続きもピースフルな台詞だったら笑うしかないです笑

 

桃井くんこと桃てぃんが外に興味を持つきっかけにもなった脱獄計画。警戒しながらも興味が隠せない野良猫みたいでかわいい。

神木と源田の相部屋ズ、キャラもよく良いヤツだということも2話でわかった。ココもかわいいです、くさや汁のくだり!

神木回は原作のそれがあるので期待してしまう…が、長尾くんの原作と違う発言を思い出しつつ程々にしておきます。

 

3話放送前だからこそのブログが書けて満足です。今日は夜更かし、テレビの前!