雪降る八月、花束を。

合言葉はいつでもWin-Win♡主観が10割ファンブログ。無断転載禁止。禁止擅自转载我的画・文章的擅自转载也是禁止的。 All rights reserved.

俺スカ 9話 私的感想メモ

日本テレビ系土曜22時枠 オリジナルドラマ

「俺のスカート、どこ行った?」

について感じたもの思ったものの殴り書き記事です。一個人の主観なので、異論や文句はお断り。もしかしたら誰かの思想や心の地雷に触れてしまうかもしれませんが、「本作を私が楽しむため」以外の意図は御座いません。

なんらかの形でこのブログを見てしまっているいわゆるジャニヲタ以外の方へ。私はなにわ男子・関西ジャニーズJr.の長尾謙杜くんを主に、ジャニーズ事務所を贔屓にしている素人です。その点ご理解頂いた上で読んでいただけると助かります。

〜8話分は、タグより。

 

9話は発信の自由と影響力。情報を操作し成り上がる者と苦しむ者、盛り上がる第三者の皮肉。地位と名声、大人とは。正義とは。家族の形とは。「自分」の気持ちと「相手」の答え、憧れ・期待と妥協。時代の変化と偏見を絡め、人と向き合い続けた原田先生の名誉を守り、真実を伝えるべく世の風評と戦う教師達と生徒達の回。

お話についてはとても素敵なあらすじと振り返り動画が公式サイト出てるのでそちらで見てください。あと最終回のリアタイ視聴もぜひに!(本当に時間がない泣)

https://www.ntv.co.jp/oresuka/story/09.html

 

原田先生、やっぱり人間らしくて好きだなあと重ね重ね思った回でした。学生時代に自分と向き合ってくれた先生の後ろ姿を見て、一度は個性を尊重する指導をする教師を目指したが、生徒にナメられて「先生いじめ」の対象になってしまう。それもあって、1話のあのやりとりがあると思うと!世間からの偏見に耐え、同じ傷を抱える女性と世間体の為に結婚する。男女の関係になる事はなかったが、養子をもらい家庭を築いた。奥さんは8年前に先に亡くなったが、幸せな仲良し家族だったと語ります。死ぬまでにやりたい事ノートも、元は恩師が書き記していたものだった。恩師に挨拶に向かった際、仏壇の前にあったノートの出来なかった事が目にとまる。そしてまた原田先生も、死ぬまでにもう一度先生になる事を志すようになったと。

原田先生が皆に伝えた言葉や生き様は、原田先生が欲しかった言葉ややりたかった事、そしてそれに加えて、人から貰って嬉しかった言葉や気持ち。余命を得て、限りがあるからこその無敵感を思うように使い、自分の為が人の為になっているので、期待通りに事が運ばなくてもあっけらかんとしている。幸福な自暴自棄だ。

今回は長井先生もカッコいい。凝り固まった思考や人を苦しめる常識をパンチで壊すのが原田先生なら、ルールをつくり規律を守り足並みを揃えること、努力や経験で人や自分を守ることが得意なのが長井先生だ。2人が理解し合えたら、軽率な言い方だけど「最強」なんですよね。自分のできることをする、7話の言葉が効いてくる展開。

今回の黒幕の矢野先生は、キャリアの長い自分が校長になれず、その上新任の原田先生も学校内で地位を築き始めているのが気に入らなかった。自分は謙虚に従順に組織に従ってきたのにと、嫉妬の感情から原田先生が問題行動を起こさないか見張っていたところ、明智と原田先生のボクシングジムでの映像を手に入れる。寺尾校長から校長の役職を奪い、原田先生を学校から追い出すべく動画を投稿した。結局は不慣れな事をした為に映り込みにより犯人とバレてしまいました。粗探しをして揚げ足を取ろうとしたところ、自分も詰めが甘く足元を掬われてしまったといった所でしょうか。矢野先生の気持ちが全く分からなくはないんですが、自分の都合で人を貶めるような事をしたら思わぬものも敵になるかもよ、という教訓かなと思います。生徒から信頼を失ったら、教師としての居場所は無くなりますからね…ここはかつて生徒に睨まれた、若かりし原田先生の画との対比かなとも思わなくなかったり。結末と中身は全く違うけれど。人望の差を突きつけられた矢野先生ですが、辞めてはいないようなので最終回はどうなるのでしょうか。ここも気になります。

1話の若林の飛び降りの際に、面白半分で牛久保達が交わしていた「ネットにあげたら面白いんじゃね?」みたいな会話台詞がここに繋がるとは。彼等は自分達が一度考えた発想で、結果自分達を認めて世論や大人の毒から助けてくれる担任の先生を失いそうになるんです。当時は分かり合えてなかったとはいえ、巡り巡る言霊こわい。

そして、いとちゃんの元彼の安岡が度々自己紹介の度に語るグレーについて。原田先生のグレーは、白黒つかない曖昧という意味のグレーだけではない。原田のぶおという1人の人間として、色んな過去や感情、染まったり染めてきたカラフルな色が混ざった綺麗な「グレー」だった。そして、グレーな自分を色鮮やかな服やアクセサリー、メイクで飾り、世を闊歩する。それがきっと原田のぶお。最初キャラクターやインパクトの為とか、綺麗事とか言ったり思った自分は一発殴りたい。とてもとても、色んなものを背負い、丁寧に作られた主役だなあと。

長尾くんのドラマ初主演が、「俺のスカート、どこ行った?」で本当に良かったと思います。署名を集めに俯かず爽やかに駆け出す若林くんの背中が綺麗でした。

 

真面目に毎週連続ドラマを見る機会なんてなかなかないので、しばらくロスに苦しみそうです…。

 

ではこれからいよいよドラマ10話、最終回!一緒にリアタイして行きましょう〜〜!TVの前に待機!

土曜22時は!俺スカ!